名古屋ならインプラント治療ができるクリ二ックが見つかる可能性大

名古屋ならインプラント治療ができるクリ二ックが見つかる可能性大

名古屋でインプラント治療をする際は納得するまで先生に質問しよう

11月8日は良い歯の日を表す模型

一般的なインプラント治療では、一本ずつ、部分的な再建を行うことになります。しかし、連続する歯が何本かまとめて抜けてしまった場合、抜けた本数に合わせてインプラント体を埋め込んでいくのは、骨への負担がかかりますし、なにより非効率的です。そういったこともあり、名古屋の歯科クリニックでは、ブリッジの手法を取り入れた治療法でインプラントを設置しています。
例えば仮に、4本の歯が抜けてしまった箇所を再建するとします。その場合は、両サイドに1本ずつ、計2本のインプラント体を埋め込みます。そしてその2本を支柱にし、上からセラミック製の歯をつけたカバーを被せます。方法自体はブリッジ治療と同じであり、支柱が自分の歯根か、人工歯根かの違いだけです。さらに抜けた場合は、オールオンフォーと言って、4本のインプラント体でカバーを支える治療法もあります。いずれにしろ、複数のインプラント体を埋め込みますから作業の正確性と迅速性が要求されます。名古屋の歯科クリニックであれば、手早く正確にインプラント治療を行える先生も少なくありません。手術の性質上、手術の流れについては事細かに説明してもらえますし、患者が納得しない限りは手術はスタートしません。ですから、遠慮せずに、疑問点や不安な点があれば、積極的に名古屋の先生にどんどん説明することが重要です。

注目の記事

このページのトップへ